患者さんも驚愕する高圧的態度な看護師長とは

患者さんも驚愕する高圧的態度な看護師長とは

人間関係悩んでますか?
転職するなら直のこと人間関係が良いところに転職を希望しますよね。
他職種ですが、私も新人時代に同期の新人や上司に悩まされ転職を考えたことがあります。
できる上司がいても人の気持ちがわからず自分のことしか考えないのは仕事を毎日する上でストレスだと思います。
看護師は女性の職場なので、人間関係もキツイはず。
最近では新人ですら空気のよめない基本態度がなっていな子が多くいるようです。
命の現場では上下関係はきちんとしてもらいたいものですよね。
ここでは、仕事ができてもしゃべりが過ぎる上司、イジメをする人、学生気分の新人看護師など様々な病院の人間関係を取り上げてみました。
現在人間関係に悩んでいる人や、今後の看護師の転職をするときの参考になればと思います。




女性20代
脳神経外科3年、救命救急2年

看護師経験7年です。
現在は結婚して職を離れています。
公立病院に勤務していましたが、結婚退職し、新たな地で脳神経外科に勤務していた時のことを記載します。

クリニックに勤務

有床クリニックで、脳神経外科の超急性期から回復期までを行う医療機関です。
地域のT-PA治療を受け入れ、医療機関的には高度で周囲の公立病院などの大きな病院と肩を並べる脳神経外科の専門機関です。

患者さんにも厳しい看護師長

傲慢で高圧的で気分屋な看護師長に出会いました。
スタッフにはもちろん厳しいですが、患者さんや患者さんのご家族にも感情的に対応してしまう女性です。
院長や勤務医でも意見ができず、恐怖を感じることが多くありました。
患者さんのご家族からのクレームもありましたが、「いやなら退院すればいい」といった対応をしていました。

とにかく患者さんに高圧的な上司

申し送り中の患者さんのナースコールに対して、「もう、行きます!!」「待ちなさい」などを語気を荒げて対応したりしていました。
患者さんのご家族からの説明を求める言動に対し、「さっきも言ったとおりです」「わからないんですか」などと切ってのけるような発言や対応をしていました。
ですが時間が経つと冷静になると、「不味い」と思うのか、患者さんや患者さんのご家族を訪室し、様子を窺うようなところもありました。
肝の据わっているのか肝が小さいのか分からない上司でした。

上司は無神経

不妊治療中の私と患者さんが話していた時のことです。
患者さんが私に「子供はまだなのか」と聞くと、「この子に子供の話はしたらだめ」「この子は子供ができないの」と勝手に返事をしたりするという無神経な返答をされました。

周りを気遣える上司に

スタッフのプライベートを勝手にしゃべるものではないし、患者さんやご家族の不安を解消できないような対応はしてはいけないと思います。
また、誠実に質問や疑問に対して答えて欲しいです。
ナースコール対応は、丁寧にする、そして、患者さんと患者さんのご家族は、お客様と思って対応することが大切だと思います。

上司に恵まれない看護師にアドバイス!

人の振り見て我が振り直す、自分の言動や行動は、客観的に見ておかしいと思われる行動や言動をとっていないか考える。
どうしての尊敬できない上司のもとでは働かない。
Copyright(C) 看護師転職で大事な病院の人間関係とは All Rights Reserved.