気分屋な看護師を上司に持つかわいそうな新人看護師

トップページ  > 看護師の人間関係  > 気分屋な看護師を上司に持つかわいそうな新人看護師

気分屋な看護師を上司に持つかわいそうな新人看護師

女性30代
消化器内科1年7ヶ月、特別養護老人ホーム2年、短期入所施設110ヶ月

妊娠を機に退職し、そのまま子育て中で専業主婦をしています。
子供は二人いて、30代後半の夫婦で4人家族です。
子供が二人とも小学生になったので、仕事を始めることも考えています。

一番最初に就職したのは大きな大学病院

消化器内科に配属され、肝臓や胃、すい臓、大腸などの疾患を抱えた方が入院、加療している病棟でした。

性格のキツイ上司

私が新人で入った頃のプリセプターです。
私の5歳年上で、仕事はできると評判で美人でした。
しかし、性格がとてもきつい上司でした。
仕事ができなくて注意されたり指導を受けたりするのは構わないのですが、挨拶を無視されたり、引継ぎを無視されたり、何時間も説教されたりするのは本当に辛かったです。
私だけでなく、ほかの新人看護師にも同じような態度でした。
数ヶ月単位で無視される新人が変わっていくという、イジメのような感じで嫌でした。

気分屋な上司

ぞの上司は、自分の機嫌が良いときは、あたりはきつくないのですが、機嫌が悪いと無視したり、長い時間説教したりしました。
また、1ヶ月に1回くらいは、事故に巻き込まれて、風邪をひいて、家族の調子が悪くて、などの理由で当日朝に欠勤の電話がかかってきました。

お説教が過ぎる上司

何かにつけて「私たちが新人の頃は・・・」と言われました。
私たちが新人の頃は、寝る暇もなく残業していた、もっと勉強熱心だった、先輩に何を言われてもついていっていた、最近の新人はなってない、と言われました。

こんな上司がいい

無視しないことや、自分の機嫌で動かないことは最低限必要かと思います。
怒っても後からフォローしてくれたりするとやる気も出るかと思います。

仲間がフォローしてくれる

周りの看護師も、そのプリセプターは仕事はできるけど、ちょっときつくない?と思っていたようでした。
私にこっそり、大丈夫とか、気にしないほうが良いよ、など声をかけてくれました。
その上司だけがすべてではありません。
Copyright(C) 看護師転職で大事な病院の人間関係とは All Rights Reserved.