新人看護師で転職するか悩んでいる人へ

トップページ  > 看護師の人間関係  > 新人看護師で転職するか悩んでいる人へ

新人看護師で転職するか悩んでいる人へ


新人看護師の皆さん、こんにちわ。
サトエリです。

後輩「病院、辞めたいです…」

Σ(゚Д゚) ナヌ!

先日、地元の後輩クンから相談を受けました。
彼女は1年目の新人看護師。

サイゼリアで話を聞くこと3時間。
相当悩んでいるようです…。

で、分かったんです。
たぶん「無力感」じゃないかと。

自分だけができない…
役に立てていない…
何をやっても上手く行かない…

辛いですよね(>_<)

私も同じです。
悩みました。
苦しみました。
病みました。

後輩クンに伝えたいことは山ほどある。
それを文章にまとめてみました。

※私の体験を交えて書いてみます。


初めての挫折

私が新卒で入ったのは都内の総合病院でした。
慢性期を希望するも、配属先は急性期。

「ま、頑張ろっと!」

気楽に考えていました。
実際、最初の新人研修は楽しかったです。
おちゃらけた同期達とワイワイやれました。
教育も丁寧。
順調に思えました。

でも配属されて雲行きが怪しく…。

「体を壊した方がいい」

お昼ご飯を食べていた時、師長から言われました。
耳を疑いましたが、どうやら本気。
一度は体を壊すくらい仕事に打ち込めと。

「苦しんだ数だけ成長するから」

まあ…。
分かりますが…。

個人的にはゆる目に働きたくて…。
だからこそ慢性期を希望していたのですが。

そんなある日。
勘違いからミスをしました。
ミスを取り返すため奔走し、仲の良い同期に昼休み返上で手伝ってもらいました。

その数日後。
師長から呼び出しを受けた。

「ミスしても定時で帰るんで一緒に仕事したくない」

と先輩が言っていたと。

ミスは取り返せたし、報告もしたし、了解も得ていた。
でも気に食わなかったようです。

「覚悟が足りない」
「周りの空気を読んで」

お叱りを受けました。
毎日残業するようにしました。
夜8時、9時、10時とドンドン伸びていきました。
頑張っている実感はありました。

それから1か月ほど経ち。
また師長から呼び出されました。

「他の看護師からクレームが入っている」
「仕事を見つけて動きなさい」
「他の同期はできている」

「どうしたら仕事を見つけられますか?」と聞くと、「もっと想像力を働かせて」とため息をつかれました。
落ち込みました。
よく分からなかったけど「分かりました」と言いました。

「仕事を見つけられない」「定時で帰る」
この2つは無能の証なのだと知りました。

それからは率先して動くようにしました。
患者さんの話を聞き、自分なりに対処法を実践しました。
患者さんは喜んでくれました。
一部の先輩は「頑張ってるね」と言ってくれました。

でも。。。

「あなたの仕事は評価できない」

半年ごとの人事評価で師長から言われました。
私がやっていることは優先度が低いと。

「私はどうしたらいいんでしょうか…?」と聞くと、
「覚悟が足りないのよ、覚悟が」と。

評価はE(最低)

「新人の中では一番下だから。わかる?」

・・・

分からない…。
分からないよ!!!

師長の言っていることが全く分からない!
どうしたらいいの!?
どうやったら評価してもらえるの!?
看護って何なの!?
病院って何なの!?
仕事って何なの!?

わぁぁあぁっぁぁぁぁ・・・・
( ノД`)


これ以降、精神的にしんどくなっていきました。
何をやってもうまく行かず、ミスばかり。
相談する相手もいない。
陰口まで言われるような。

私は無能。
私の力じゃどうしようもない。
普通よりはできると思っていたのに…
無力だった…。

それからは仕事が極端に減っていきました。
仕事が振られなくなりました。
担当もゼロに。
毎日何とか小さな仕事を見つけるも、やがて暇に。

それもしょうがないです。
無能な人間に仕事を回しても邪魔になるだけです。
暇にさせておいた方がまだマシです。

私は新人7ヵ月で院内ニートになったのです。
ナースステーションにいるのが辛く、廊下と病室をウロウロしていました。
だんだん追い詰められていきました。

お昼ご飯はモリモリ食べていたのに、全く食べなくなりました。
休憩中はトイレに籠るようになりました。

それでも「元気ないね?大丈夫?」と声をかけてくれる同期。
「えー、全然大丈夫だよ」と私。
この時、恥を忍んで泣きついていれば、結果は違ったのかもしれません。

冬のある日。
やることもないのに、夜9時ごろまで残っていました。

師長から呼び出され「どういうつもり?」と言われました。

自分が悩んでいることを正直に伝えました。

貢献できなくてつらい
仕事が無くてつらい
どうしていいのか分からない

全部話しました。
涙があふれてきました。

「気持ちは分かった」
「でもあなたはもっと頑張る必要がある」

さらには「仕事が遅い」「みんなができているに、あなただけ」「覚悟が見えない」「信頼もない」「もう待てない」とクレームの嵐。
他にも山ほど聞かされましたが、あまり覚えていません。

帰り道は悔し涙でぐちゃぐちゃでした。
同期が支えてくれて、何とか踏ん張っていましたが、潮時かなと。


次の日。
私は退職願を出しました。
一応の引き留めは受けましたが、あっさりと受理。

退職日は2週間後。
仕事がさらに減り、周りからの目も冷たく、きつい事も言われました。

でも不思議と辛くありません。
終わりが見えていたから。

あと10日、あと7日、あと5日。
悪い状況ながらも、体調はみるみると良くなりました。


最終日。
荷物をまとめ、返却物を返し、形式上のあいさつを済ませ。

通用口から出た瞬間。

解放されたぞぉぉぉーーーー!!!!

無意識のガッツポーズ!
(๑˃̵ᴗ˂̵)و

晴れて自由となったのです。
いつもの景色が、本当に違って見えました。
キラキラと輝いていました。

退職後は1週間ほどゆっくり。
平日でガラガラの水族館に行きました。


ボ―っと魚を眺めていると、悩んでいた自分がバカに思えてきます。
泳いでいるだけなのに「魚って立派だなー」と感心してしまいます。
私なんて無能の烙印を押されましたから。

「これからどうしようかなー」

なんて思っていると同期から電話。
みんな集まってくれ飲みに行くことに。

持つべきものは仲間なんだなーと。
何で相談しなかったのかなーと。

プライドがあったのだと思います。
恥ずかしかったのだと思います。

「看護師辞めようかな」と本音が漏れてしまい。

「えっ!?」
「ダメだよ!」
「絶対ダメ!」

「うちの病院が異常なんだって」
「師長は精神論の塊だから」
「ほんと、嫌なプレッシャーのかけ方するよね」
「他にも退職した子多いし」
「もっと良い病院あるよ」

じゃあ。
もう一度だけ。
看護師やってみようかな、と思いました。

次の日。
飲み会で話題になった、二次新卒に強いという転職サイトに登録。
担当してくれたアドバイザーさんが予想外に優秀な方。

事情を話し「ゆる目の病院」を希望しました。

「お若いのに苦労してますね…」「大丈夫です!」「絶対に良い病院見つけますよ!」と言ってくださり。
2週間ほどで、おんぶに抱っこで、とんとん拍子に転職が決まりました。


(お世話になった山川さん)

転職後の異変

転職先は100床ほどの小さな病院。
俗にいうホワイト企業です。

でも色々と不安でした。

ミスをしても誰も叱らないのです。
以前は1時間以上罵倒されたのに。
それどころか「これはねー、こうやるんだよ」と優しく指導までしてくれる始末。

定時に帰っても何も言われません。
お昼休みはみんなが話しかけてくれます。
バカやゴミだと言われなくなりました。

この病院、普通じゃない!
絶対におかしい!
裏で酷いこと言われているはず!

不安でした…

ブラックからホワイトに転職するとこうした不安に襲われるそうです。
一種の洗脳状態(brainwashing)。

以前の職場は、みんなが敵に見えていました。
悩みを打ち明けると、翌日には知れ渡っていたり。
何を言っても、攻撃の材料にされました。

例えばこんなことがありました。

先輩「佐藤さん、休みは何やってるの?」
私「ぼーっとしてます」

・・・翌日・・・
主任「佐藤さん!あなた遅れてるんだから!危機感持ちな!」
私「すみません・・・」

完全な人間不信でした。
仲の良い同期にも不信感(これは完全な誤解です)

ふとした瞬間。
いまだに、当時の記憶がフラッシュバックします。
わーって、死にたくなります。
お医者さんいわく「時間が解決してくれるが、完治はしない」と。
忌まわしい記憶とは、一生の付き合いになるようです。

凝り固まった思考は、時間と共に溶かしていくしかありません。


その後談

看護師3年目になりました。
転職して2年経ちました。


温厚な先輩達に囲まれ。
悩みを相談できるようにもなりました。

この病院が好きです。

平和すぎて潰れるんじゃ…。
そんな不安はあります。

当たり前ですが、看護師にもホワイトな職場はあります。
ブラックにいると視野が狭くなります。

ホワイトは良いです。
朝、出勤するのが苦じゃありません。
仕事終わりが気持ちいいです。

私は生きていく道を見つけられました。


新人で転職するか悩んでいる人へ。

あなたにも道はあります。
もっと楽に生きられる道が絶対にあります。

「私の居場所はここじゃない…」

それはたぶん当たっています。
本能的な直感だと思います。

お体を大切にしてください。
自分を大切にしてください。

あなたに幸せが訪れることを願っております。
(-人-)

※追記
読者の方から質問を頂いたので回答します。

「どこの転職サイトを利用しましたか?」

この転職サイトです↓
「看護のお仕事」の公式サイトを見る

若い看護師に力を入れていそうで、二次新卒でも大歓迎してくださいました。
アドバイザーさんは本当に心強かったです。
個人的におすすめです。


看護師の人間関係

看護師としての資質

Copyright(C) 看護師転職で大事な病院の人間関係とは All Rights Reserved.